療養中の過ごし方

骨折療養中は、患部だけでなく全身状態や日常生活にも気を配り、骨の癒合を促すとともに、全身的な健康をよい状態に保つようにしましょう。

食生活

骨の形成を促すタンパク質、カルシウム、ビタミンDやKを多く含む食品を十分とることは大切ですが、全体としてかたよりのないバランスのよい食事を心がけましょう。骨折のために運動量が減っている場合、できるだけ毎日体重を計り、カロリーオーバーにならないように気をつけることも必要です。

運動

骨折療養中でも、骨折部の固定を保ちながら日中はできるだけ活動して体を動かしましょう。
よく動くことで全身の血行がよくなり、骨の癒合も促されます。
寝てばかりいたり、座りっぱなしでいたりすると、筋力低下にもつながるのでよくありません。

禁煙

タバコは骨の癒合を阻害する大きな要因の1つですので、骨折治療中は禁煙しましょう。

入浴

医師の許可があれば入浴も積極的に行いましょう。全身の血流をよくすることは、骨の癒合にとてもよい影響を与えます。
ギプスを乾いたタオルでくるんでから、大きめのビニール袋(脚なら厚手 のゴミ袋など)で包み、輪ゴムとテープでしっかり密封します。 輪ゴムはきつくなりすぎないように気をつけましょう。乾いたタオルでくるむのは、汗でギプスをぬらさないためです。
もし入浴中にギプスが濡れてしまったら、水分をタオルで拭きとり、ドライヤーで乾かします。
内部に水が入り、なかなか乾かないときは医師や看護師に相談しましょう。

睡眠

睡眠不足や不規則な生活は骨癒合の回復を妨げます。療養中は十分な睡眠を規則的にとりましょう。
長い昼寝をすると昼夜逆転しやすくなります。昼寝は短時間とし、日中は可能な範囲で体を動かすなどして、夜にきちんと眠れるようにしましょう。

転倒予防

体の一部が固定されていると、予想以上にとっさの動きができないものです。痛みのある時期ならなおさらでしょう。とくに下肢の骨折では転倒予防について十分な配慮が必要です。
外出時はもちろん、家の中でも転倒予防の対策をとりましょう。