ギプス固定中の過ごし方

ギプスをつけているとき・手術したとき
療養中の注意点と快適に過ごすためのポイントを紹介します。
こんなときは診療所・病院に連絡を
ギプス固定中はギプスの中を直接見ることができないので、痛みなどの感覚、ギプス周辺や末梢の皮膚の様子を観察して、ギプス内でトラブルが起こっていないかどうかチェックします。 次のような場合は診療所・病院に連絡しましょう。
  • 痛みがだんだん強くなる
  • 腫れなどのためにギプスがきつい
  • ギプスがあたる場所がありつらい(縁、内部)
  • 手足の場合、末梢が冷たくなったり、紫色になったり、感覚が鈍くなったりしたとき
  • 指など、動かせていたところが動かせない
場合によっては、ギプスを一度はずして中の状態を確認し、新たに固定し直す必要があります。
ギプスがあたっている皮膚に傷ができたり、神経が圧迫されていたりすることもあるので上記のような症状があるときは遠慮なく診療所・病院に相談しましょう。