HOME  <  治療後にすべきこと  <  骨折の原因と予防

骨折の原因と予防 − 治療後にすべきこと

骨折のおもな原因は、外傷、過度の運動、病気です。
原因を知ることで骨折を予防できることもあります。

外傷

骨折のほとんどは外傷、つまり外力がかかったことによって起こります。
たとえば、転倒(転ぶこと)、転落、衝突、交通事故などです。平地での転倒など、弱い外力によるものであれば骨折しても軽度ですむことが多いのですが、
交通事故や高所からの転落など、強い外力がかかった場合は、複数の場所
に骨折が起こったり、開放骨折となったり、ほかの臓器が損傷することもあります。

過度の運動

ふつうでは骨折を起こさない程度の小さな力でも、骨の特定の部位に
繰り返し連続的にかかることで、骨折が起こることがあります。
これを疲労骨折といいます。
過度に同じ動きを繰り返すことが原因で、まらそんなど走る競技ではすねの骨
(脛骨)、サッカーやバスケットでは足の甲の骨(中足骨)によくみられます。
1ヵ所に集中して繰り返し力が加わり、小さなひびがたくさん発生してしまうのです。
これらはごく小さなひびなので、レントゲン写真に写らないこともあります。

病気

もともと持っている病気のために骨がもろくなり、軽微な外力によって骨折を起こすことがあります。

おもに次のような病気が原因となります。

骨腫瘍

腫瘍ができた部分の骨がもろくなります。

がんの転移

がんが骨に転移すると、転移した部分の骨がもろくなります。

骨粗しょう症

加齢などのために骨の強度が低下し、骨がもろくなった状態です。

大理石骨症

遺伝子の異常により、骨が硬くなる病気です。骨は硬くなりますが、強度はかえってもろくなります。

骨膜炎

細菌に感染して骨膜炎が起こると骨がもろくなり、骨折しやすくなります。

骨折を予防するために

外傷が原因の骨折

予防が難しい面もありますが、安定性の高い靴をはく、家の段差を解消する、運動の前には柔軟体操など準備を十分に行うなど、日常生活で注意を心がけることはできます。
高齢者の場合は、骨粗しょう症のために軽微な外力も骨折することがあるので、
療養中の過ごし方」にある転倒の予防対策を取り入れましょう。

疲労骨折

骨の特定の部分に断続的に力がかかるスポーツでは、運動前の準備を十分に行うとともに、日頃から筋力を向上させるトレーニングも適切に行うことが大切です。
また、痛みや違和感を感じたら、早めに整形外科医の診療を受けましょう。
スポーツは、トレーナーなどの指導を受けながら安全に行うことが求められます。

病気が原因の骨折

もともと病気の治療をきちんと行うことと、「療養中の過ごし方」にある転倒の予防対策を取り入れましょう。